おんなのこのみぞ おんなのこのみぞ(3B) 連載小説

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(0)

投稿日:7月 1, 2019 更新日:

 もうこの家にいることは無理だ。パパもママも分かってくれない。
同級生たちがうらやましい。帰りが遅くなってもそんなに叱られない。携帯の履歴を毎月チェックされることもない。お小遣いは私よりもずっと多い。晩御飯の間、パパはずっと私の成績についてくどくどと言っていた。私は何も言い返すことができず、ずっと黙っていた。それをパパは私に無視されたと感じたのだろう。パパはついにキレて「文句があるのならこの家から出ていけ!」と怒鳴った。ママは私の味方をしてくれるわけでもなく、「そうよ。ちゃんと返事をしなさい」と一緒になって私を責めた。私は食べている途中のご飯をおいて、自分の部屋に閉じこもった。

 こんな家、早く出ていきたい。一人で暮らしたい。

 一人で暮らすためには自分で稼がなきゃ。パパはいつも、「そんなに好き勝手にしたいなら、自分で稼ぎなさい。」といつも言う。私がまだ自分で稼ぐことができない、ということを分かっていながらそういうことを言う。だから私は家を出て、自分で稼いで一人で生きていく。バイトをしながら一人で生きていくのなら、学校は辞めなければならない。学費を払うこともできないから。それに学校にさえ行かなければバイトしながらでも生きていけるだろう。まずはバイトをして、ある程度お金を貯めたら、安い家を借りて、そこでバイトをしながら生活をしよう。そのためにまずはある程度のお金を貯めなければ。私はコンビニなどのバイトをいくつか探してみたが、どれも時給1000円ぐらいで、今、学校に通いながらだと一日2−3000円ぐらいしか貯まらない。それだと一人暮らしを始めるまでに何年かかるのだろう?

 私はネットで「高収入バイト」というサイトをいくつか見てみた。いわゆるエッチなことをする、ということは分かっている。中にはびっくりするほどの時給を貰えるものもあるけど、それはちょっと怖い。どんなことをさせられるのか。時給が比較的安いものはその理由がはっきりしていて、「ソフトサービス」と書いてある。「比較的安い」と言ってもコンビニのバイトの何倍も貰えるんだけど。私はそういうのばかりを探している。
 そしてその中でも家から割と近くに、私が探しているものにぴったりのものを見つけた。

「優しいスタッフが丁寧にサポート」、「お客さんがつかないときでも時給最低2000円保証」「経験なしでもOKなソフトサービス」
これならできるかも、と私は思った。早速ネットでエントリーシートに書き込んだ。次の日の朝、メールで面接の日が送られてきた。

-おんなのこのみぞ, おんなのこのみぞ(3B), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(3)

 わたしがスカートを脱ぐと、ブラジャーとパンツだけになった。恥ずかしい。そのとき社長が言った。「では下着も全部脱いでください。」 わたしは反射的に「え。。。」と言ってしまった。やっぱり下着も脱がなけれ …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(17)

 社長がわたしのおんなのこのみぞに沿って上下におちんちんの先をすべらせているのがわかる。おちんちんの先でわたしのおんなのこのみぞを上下になぞっている、という感じ。変な感じ。  社長のおちんちんがわたし …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(11)

 すずはぎこちない動きながらも私のペニスを咥えたまま頭を上下させている。時々ジュポッという音がすることがある。初めてにしてはちゃんとフェラチオになってはいるが、やはりそれほど気持ちがいいというものでも …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(9)

 「じゃあ、まずここを舐めていただけますか」と言いながら、私のペニスの先の裏側を指差す。すずは「はい」とだけ答えて、顔を私が指さしたあたりに近づける。本当はきっと慣れていない、あるいは初めてなのかもし …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(10)

 わたしは社長のおちんちんを咥えたまま、口の中でペロペロと舐め続けた。そのとき社長が「舌を回して全体を舐めるようにしてください。」と言った。「舌を回して全体を舐めるように」???わたしはちょっと考えた …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。