おんなのこのみぞ(3B) 連載小説

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(2)

投稿日:11月 22, 2019 更新日:

わたしは初めて会う男の人の前で服を全部脱ごうとしている。これまで一度も男の人に見せたことのない身体。
「全部脱ぐ」というのはどういう意味だろう?下着も?
この面接に受かって、このお店で働くことになれば初めて会った男の人の前で裸にならなければならない。でもそれもお給料をたくさんもらって一人暮らしをするためには仕方がない。とにかく早くあの家を出たい。ひとりで生きていきたい。
わたしはまずパーカを脱ぎ、その下に着ていたロングTシャツを脱いだ。スカートとブラジャーだけになった。わたしは無意識にブラジャーを両腕で隠していた。やっぱり恥ずかしい。
そのとき社長が言った。「スカートも脱いでください。」

スカートも脱がなければならないことは分かっていた。「全部脱ぐ」ということはさらにその下に履いている下着も脱がなければいけない。そんなことは分かっているのだが、やっぱり男の人の前でスカートを脱ぐことさえもためらってしまう。
わたしは「早くあの家を出て一人暮らしをするんだ」と自分に言い聞かせ、ゆっくりとスカートも脱ぎ始めた。社長はそんなわたしを落ち着いた目でずっと見ていた。

-おんなのこのみぞ(3B), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(18)

 すずのおんなのこは私のペニスを強く締めつける。ここまで強く締めつけられたことはない。私はもしかしたらすぐにイッてしまうかも、とそのとき思った。すずは相変わらずぎゅっと強く目を閉じている。私は自分のペ …

おんなのこのみぞ(3A)

「おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接」のKindle用の表紙画像が出来ました

いつものようにあのひとさんに描いていただきました。 関連記事はありません

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(1)

ピンポーン  ドアフォンが鳴った。約束の午前11時の5分前。私がオフィスとして使っているマンションの一室。  この部屋からすぐ近くにある私の店は、朝の9時から営業だが、店長として雇っている男にすべてを …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(1)

 メールに書かれていたのは日曜日の午前11時。家から電車で20分ぐらいの街のビルの一室。私はその街に行くのは初めてだ。その街の駅で電車を降りて、スマホの地図を見ながら目的のビルを目指す。不思議なことに …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(13)

 社長の指がわたしのおんなのこに出たり入ったりしている。変な感じ。時々社長の指はわたしのおんなのこの中でグリグリグリと動くことがある。痛くはないけど、変な感じ。そのとき、社長が言った。「うちの店では本 …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。