おんなのこのみぞ(3B) 連載小説

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(19)

投稿日:12月 25, 2019 更新日:

 社長は大きなお腹をわたしに押しつけるようにしてぴったりと抱きついている。社長のおちんちんがわたしのおんなのこを出たり入ったりしている。ゆっくりと。最初はちょっと痛かったけど、だんだんとその痛みもやわらいできた。さっきよりヌルヌルしているかも。変な感じ。社長のおちんちんはわたしのおんなのこをずりゅんっ、ずりゅんっと出たり入ったりしている。ゆっくりと。

ずりゅんっ ずりゅんっ ずりゅんっ

 その動きはちょっとずつ速くなっているような気がする。わたしは目を閉じたまま、顔を横に向けている。声を出さないようにしながら。社長の動きに合わせてわたしの身体全体が揺れる。そしてその速さはエッチな動画で見たのと同じぐらいに速くなっている。そのリズムに合わせて、チャクッ、チャクッ、チャクッという音がする。わたしは目を閉じたまま、声を出さないようにしている。

チャクッ、チャクッ、チャクッ
チャクッ、チャクッ、チャクッ

 その動きを続けたまま、社長が身体を起こした。社長はわたしの胸をさするようにして触った。

 そしてまた社長はわたしの身体にぴったりと抱きついた。相変わらず一定の速度で出たり入ったりを繰り返す。わたしは声を出さないようにしていたのだけど、一度だけ「あぁぁ」という声が出てしまった。はずかしい。社長の動きは変わらなかった。

チャクッ、チャクッ、チャクッ、チャクッ、チャクッ、チャクッ
チャクッ、チャクッ、チャクッ、チャクッ、チャクッ、チャクッ

 その動きを繰り返していたとき、社長は急にわたしのおんなのこからおちんちんを抜き出した。

 それは急にやってきた。じわじわと登っていく、というものではなく。わたしはペニスをすばやくすずのおんなのこから抜き出した。抜き出したとほぼ同時にわたしは放出した。わたしのおなかに熱いものが飛び散ってきた。

ドクッ、ドクッ、ドクッ、、、

 社長はいったんだろうか?
 わたしは目を閉じたままじっとしている。社長はティッシュでわたしのおなかにかかったものを拭き取って、またわたしの身体に抱きついてきた。社長は「ふーーーーー」と深いため息をした。

 裸で抱き合ったまましばらく沈黙が続いた後、社長がわたしの耳元で言った。
「では、結果については後日ご連絡します。合格だった場合は初出勤日を決めさせていただきますので、そのときには忘れずに身分証明証を持ってきてください。」

わたしはこれで合格したんだろうか?あの家を出てひとりで生活を始められるのだろうか?
(完)

-おんなのこのみぞ(3B), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(11)

 わたしは社長の指示通りに、フェラチオをしながら手で社長のおちんちんを握って上下させている。ときどきジュポッという音がすることがある。わたしは今、生まれて初めてフェラチオをしている。生まれて初めて。知 …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(11)

 すずはぎこちない動きながらも私のペニスを咥えたまま頭を上下させている。時々ジュポッという音がすることがある。初めてにしてはちゃんとフェラチオになってはいるが、やはりそれほど気持ちがいいというものでも …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(1)

ピンポーン  ドアフォンが鳴った。約束の午前11時の5分前。私がオフィスとして使っているマンションの一室。  この部屋からすぐ近くにある私の店は、朝の9時から営業だが、店長として雇っている男にすべてを …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(16)

 社長はわたしの口の周りを舐め回した後、急に身体を起こした。そしてわたしの両脚を持ち上げた。え?え?え?  社長がわたしの両脚を持ち上げたので、わたしのおんなのこが社長の顔のすぐ前に来ている。はずかし …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(19)

 私はすずの身体にぴったりと抱きついたまま、私のペニスをすずのおんなのこに出したり入れたりをゆっくりと繰り返す。すずの身体を深く味わうようにしながら。すずのおんなのこはこれまで私が抱いたどの女性のもの …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。