おんなのこのみぞ おんなのこのみぞ(3A) 連載小説

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(8)

投稿日:5月 22, 2019 更新日:

 続けて私は尋ねた。「フェラチオはしたことがありますか?」
しばらく間があいた後、すずはまた声を出さずに軽くうなづいた。すずはウソをついているかもしれない、とその時私は感じた。見た目から想像するすずの年齢ではフェラチオもセックスもおそらく経験がないと思う。それでも「したことがない」ということで採用されないと思っているのだろう。実際は私の店で働く女の子の中には男性経験が一切ない、という娘も何人かはいる。採用の際には経験については問わないことにしている。未経験の女の子のういういしさを求めるお客さんもいるからだ。
 「では、フェラチオの実技テストもしていいですか?」すずは少し考え込んでしまった。「経験がある」と答えたものの、実際にその実技テストをおこなうとなると自信がないのだろう。すずは本当はフェラチオの経験もない、というのはどうやら当たっていたようだ。それでも私は事務的な声で言う。「ではお願いします。」
 私は身体を起こしてベッドに座った。すずはしばらく全裸で横たわったままじっとしていたが、やがてゆっくりと起き上がった。少し困ったような顔をしているようにも思えた。
 「こちらに来ていただけますか」と私が言うと、すずは私の身体に少しだけ近づいた。
 「まず、これを握ってください」と私は硬くそり返った自分のペニスを指さした。すずはそのペニスをじっと見ていたが、やがてゆっくりと右手を私のペニスに近づけた。おそるおそる、という感じで。
 すずが私の硬くそり返ったペニスを軽く掴んだときに私は言った。「ではまずこれをゆっくりと上下に動かしてみてください。」すずは私が言ったとおり、私のペニスを掴んだ手をゆっくりと上下に動かし始めた。私のペニスはすでにカウパー液でヌルヌルになっている。すずの小さな手が私のペニスを掴んで上下すると、さらにカウパー液が分泌される。技術指導のときに店で働く女の子に手コキの指導をすることもあるので私は慣れているはずだったが、彼女たちよりもずっと幼いすずのぎこちない手コキに今、私は興奮してしまっている。カウパー液がどんどんと分泌されている。

-おんなのこのみぞ, おんなのこのみぞ(3A), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(9)

 「じゃあ、まずここを舐めていただけますか」と言いながら、私のペニスの先の裏側を指差す。すずは「はい」とだけ答えて、顔を私が指さしたあたりに近づける。本当はきっと慣れていない、あるいは初めてなのかもし …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(17)

 私は私のペニスを掴んだ右手を上下させることで、私のペニスの先端ですずのぴっちりと閉じたままのおんなのこのみぞを上下になぞっている。そして私のペニスの先端がすずのおんなのこのみぞの一番下に来たところで …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(4)

 わたしはパンツだけを履いたほぼ全裸のまま、ベッドに横たわっている。あいかわらずわたしは両腕で胸を隠すようにしている。これから何が始まるのだろう?テスト?そのテストに受かればわたしはこのお店で働くこと …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(16)

 私はひととおりすずの口の周りを舐め回した後、身体を起こし、すずの両脚を持ち上げた。すずの両脚を揃えたまま持ち上げると、すずの腰が持ち上がり、すずのおんなのこのみぞが私のすぐ目の前に来た。ぴっちりと閉 …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(17)

 社長がわたしのおんなのこのみぞに沿って上下におちんちんの先をすべらせているのがわかる。おちんちんの先でわたしのおんなのこのみぞを上下になぞっている、という感じ。変な感じ。  社長のおちんちんがわたし …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。