おんなのこのみぞ おんなのこのみぞ(3A) 連載小説

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(7)

投稿日:5月 21, 2019 更新日:

 私は舌の先を尖らせ、すずのぴったりと閉じたおんなのこのみぞに沿って下から上に舐め上げた。私の尖った舌先は、すずのおんなのこのみぞを下のところでやや深くもぐり、みぞに沿ってみぞの上のところにたどり着くともぐりこんでいたみぞから出てくる。みぞの上のところまで行くとまたみぞの下のところに戻ってみぞのやや深いところにもぐりこむ。。。というのを何度も繰り返した。すずはあいかわらず声を出すこともなくじっとしている。
 「ちょっと暑いので私も脱ぎますね」と言って、私はネクタイを締めていないワイシャツとその下に着ていた下着のTシャツを脱いだ。そのまま私はズボンのベルトを外し、ズボンを脱ぐと、下着のパンツも脱いでしまった。ふたりとも全裸になった。私のペニスは興奮のあまり反り返っている。その先はすでにぬるぬるとしている。ほぼ毎週のように若い女の子の面接やそれに続くテスト、それと店で働く女の子の技術講習をしているはずで、もう若い女の子には慣れてしまっているはずなのだが、今日は自分でもいつもよりも興奮しているのが分かる。普段はここまでになることはない。
 ふたりとも全裸になると、私は横たわるすずの上にのしかかり、すずに抱きついた。若い肌。この店で働くどの女の子よりも若々しい。すずは相変わらずじっとしている。まだこれをテストだと思っているのだろうか?すずの身体は小さいので、ふたりの顔の位置を合わせると私のペニスはすずの膝のあたりに当たる。すずの顔に私の顔を近づけようとしたために、私のペニスがすずの太ももから膝のあたりまで滑るようになり、すずの太ももは私の分泌液でぬるぬるになってしまった。
 私の顔がすずの顔のところに来たときもすずは相変わらず横に顔をそらしたままだった。私はそのまますずの耳元で囁いた。「もう少しテストが続くのでもうちょっと我慢してくださいね。」すずは声を出さずに軽くうなづいた。

-おんなのこのみぞ, おんなのこのみぞ(3A), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(15)

 すずの身体はこれまで抱いたどの女性よりも滑らかな触り心地をしている。私の身体に吸いつくような肌で、抱きつくだけで私の全身に快感をもたらす。すずの身体があまりにも小さいので、キスをしようとすると私のペ …

おんなのこのみぞ(2B)

無料キャンペーン予告!「おんなのこのみぞ(2B) 〜いちごとネットで知りあったおじさん B面(いちご視点バージョン)」 2月13日(木) 17:00より2日間!

「おんなのこのみぞ(2B) 〜いちごとネットで知りあったおじさん B面(いちご視点バージョン)」 2月13日(木) 17:00より2日間 無料キャンペーン! 「おんなのこのみぞ」にとことんこだわったシ …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(6)

 社長は急に身体を起こしてベッドの上に膝立ちになり、わたしのパンツに両手をかけた。このパンツも脱がされるのだろうか?「全部脱いでください」というのはパンツも脱ぐということ?わたしは社長の顔を見た。社長 …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(16)

 社長はわたしの口の周りを舐め回した後、急に身体を起こした。そしてわたしの両脚を持ち上げた。え?え?え?  社長がわたしの両脚を持ち上げたので、わたしのおんなのこが社長の顔のすぐ前に来ている。はずかし …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(5)

 社長はわたしのパンツのおんなのこのみぞがあるあたりで5本の指の爪を立てて、軽く円を描いている。そのパンツのすぐ下にはわたしのおんなのこのみぞがある。はずかしい。そしてくすぐったい。わたしはずっと目を …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。