おんなのこのみぞ おんなのこのみぞ(3A) 連載小説

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(6)

投稿日:5月 20, 2019 更新日:

 私は自分の身体を起こしてベッドの上に膝立ちになり、すずのパンツに両手をかける。一瞬すずは「え?」という顔をしてこちらを見たが、私は無表情のままでいた。まるで「これは仕事でやっているのですよ」という感じで。そしてそのまますずのグレーで無地のパンツを一気にずり降ろす。すずは抵抗をせず、両脚をぴったりと閉じたままだ。すずのパンツを膝までずり降ろすと、すずのおんなのこがあらわになった。ただ、恥ずかしさからか、すずは無意識におんなのこを手で覆うようにした。私がその手をそっと横へそらすと抵抗することはなかった。
 すずのおんなのこはほとんど産毛のような若い毛が生えかけのようで、おんなのこのみぞがはっきりと見える。すずのおんなのこのみぞは深く、くっきりと一本の線を描いている。いわゆる「スジマン」というやつだ。この娘を採用して店に出すことができないことが本当に残念だ。私の店に出すとすれば、この毛を剃ってパイパンとして売り出すのもいいが、このまま「生えかけ」ということを売りにしたほうが客にはウケそうな気もする。とにかく、この娘は本当に店に出したいと思う。それは絶対に叶わないことではあるが。
 すずはあいかわらず顔を横にそむけたままじっとしている。私はすずのおんなのこの周りに生えかけている毛を弄ぶようにいじっている。「もう生えているんですね」と言ったがすずは返事をしなかった。「この店では生えていない女の子を好むお客さんが多いから、ここを剃ってる女の子には手当を出しているんだけど、このぐらいだったら剃らなくても手当を出しますよ。」それでもすずは何も答えなかった。私はすずのおんなのこの周りの毛を指でつまんだり引っ張ったりしながらまた顔を近づけた。顔を近づけると今度はぺろりとすずのおんなのこのみぞをひと舐めしてみた。私が舐めてもすずのおんなのこのみぞはぴったりと閉じたままで、そのみぞに私の舌がもぐりこむような感じだった。先ほどにおいを嗅いでみたときには甘酸っぱいにおいがしたが、舐めてみると、、、やはり甘酸っぱい。そして少しだけぬるぬるとしている感じもする。もしかすると、すずはここまでですでに感じてしまっているのかもしれない。

-おんなのこのみぞ, おんなのこのみぞ(3A), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(1)

 メールに書かれていたのは日曜日の午前11時。家から電車で20分ぐらいの街のビルの一室。私はその街に行くのは初めてだ。その街の駅で電車を降りて、スマホの地図を見ながら目的のビルを目指す。不思議なことに …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(14)

 わたしがうなづくとすぐに、社長がわたしの両脚にまたがって、わたしに抱きついてきた。  男の人と、お互いに裸どうしで抱き合っている。社長の大きなおなかがわたしの身体にぴったりとくっついている。ちょっと …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(11)

 すずはぎこちない動きながらも私のペニスを咥えたまま頭を上下させている。時々ジュポッという音がすることがある。初めてにしてはちゃんとフェラチオになってはいるが、やはりそれほど気持ちがいいというものでも …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(19)

 社長は大きなお腹をわたしに押しつけるようにしてぴったりと抱きついている。社長のおちんちんがわたしのおんなのこを出たり入ったりしている。ゆっくりと。最初はちょっと痛かったけど、だんだんとその痛みもやわ …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(5)

 社長はわたしのパンツのおんなのこのみぞがあるあたりで5本の指の爪を立てて、軽く円を描いている。そのパンツのすぐ下にはわたしのおんなのこのみぞがある。はずかしい。そしてくすぐったい。わたしはずっと目を …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。