おんなのこのみぞ おんなのこのみぞ(3A) 連載小説

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(5)

投稿日:5月 18, 2019 更新日:

 すずのパンツの股間のところ、おんなのこのみぞがあるあたりで私の右手はそのすずのパンツの上から円を描き続ける。すずはあいかわらず顔をそむけたまま目をややぎゅっとつむってじっとしている。私は右手の中指だけを立てて、すずのパンツの上からすずのおんなのこのみぞに軽く当てた。パンツの上からでもはっきりとすずのおんなのこのみぞがどこにあるのかが分かった。円を描き続けていた私の右手はそこで動きを止め、今度はその中指だけがすずのおんなのこのみぞをなぞり始めた。私が右手の中指をすずのおんなのこのみぞをなぞると、少しだけパンツにスジが浮かび上がり、よりすずのおんなのこのみぞの存在をはっきりとさせる。私はすずのおんなのこのみぞに沿って中指をゆっくりと上下させる。パンツだけの姿でベッドに横たわるそのすぐ横ですずのおんなのこのみぞをパンツの上からなぞっている。ゆっくりとすずのおんなのこのみぞをなぞり続ける私の中指は少しずつすずのおんなのこのみぞを深くなぞるようになり、そのためにすずのパンツがすずのおんなのこのみぞに喰い込むようになってきた。
 私は顔をすずのおんなのこに近づけた。私のすぐ目の前にすずのグレーのパンツがある。私の指がそのすずのパンツのおんなのこのみぞをなぞっているのがすぐ目の前に見える。私の指の動きにあわせて、すずのパンツがときどきおんなのこのみぞに喰い込み、おんなのこのみぞの形をはっきりとさせることがある。私はそのまますずのパンツに鼻を近づけ、鼻から大きく息を吸う。すーーーーーっ。若く甘酸っぱいにおい。

-おんなのこのみぞ, おんなのこのみぞ(3A), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(16)

 私はひととおりすずの口の周りを舐め回した後、身体を起こし、すずの両脚を持ち上げた。すずの両脚を揃えたまま持ち上げると、すずの腰が持ち上がり、すずのおんなのこのみぞが私のすぐ目の前に来た。ぴっちりと閉 …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(15)

 全裸どうしで抱き合ったまま、しばらくじっとしていた。ちょっと気持ち悪い。おじさんと裸で抱き合っている。  社長は身体をずらしてわたしの顔のところに自分の顔が来るようにした。キスをしようとしているのが …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(2)

わたしは初めて会う男の人の前で服を全部脱ごうとしている。これまで一度も男の人に見せたことのない身体。 「全部脱ぐ」というのはどういう意味だろう?下着も? この面接に受かって、このお店で働くことになれば …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(19)

 社長は大きなお腹をわたしに押しつけるようにしてぴったりと抱きついている。社長のおちんちんがわたしのおんなのこを出たり入ったりしている。ゆっくりと。最初はちょっと痛かったけど、だんだんとその痛みもやわ …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(16)

 社長はわたしの口の周りを舐め回した後、急に身体を起こした。そしてわたしの両脚を持ち上げた。え?え?え?  社長がわたしの両脚を持ち上げたので、わたしのおんなのこが社長の顔のすぐ前に来ている。はずかし …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。