おんなのこのみぞ おんなのこのみぞ(3A) 連載小説

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(13)

投稿日:6月 4, 2019 更新日:

 私の二本の指は、まるですずのちいさなおんなのこに吸い込まれるように中へ中へともぐっていき、やがて今度は外へと滑り出てくる。あらかじめ塗っておいた業務用のローションがその滑りをスムーズにしている。すずが自分で分泌している潤滑液に混じって。私の二本の指を出し入れされるとすずはまるでセックスをしているときのような表情をしている。声を出さないまま、顔を枕に押しつけるようにしている。私は二本の指を出し入れするだけではなく、すずのおんなのこの中で時々ぐりぐりとこねくり回すような動きをする。私はすずが男に指を入れられるのも初めての経験だ、と勝手に決めつけているが、その割にはあまり痛がるような素振りを見せない。あるいは初めてではないのだろうか?私が二本の指を出し入れし、時々中でかき回したりしているうちに、どんどんとすずのおんなのこが緩んできたような感じになってきた。まるで硬かったバターのかたまりがとろけ出したように。  「うちの店では本番はないんですけど」と言ったところで私は言葉を選んだ。「本番ってわかりますか?セックスのことです」 ずっと目を閉じていたすずが目を開いて私の方を見た。「このテストでは、あなたの経験がどの程度のものかを見るために私とセックスしてもらうことになっているんですけど、いいですか?」本当は採用の面接で私が女の子とセックスをすることなどない。女の子は私の店の大切な商品で、その商品に手を付けることなどない。もちろん、お客さんにも本番が禁止である、ということを強く伝えている。だが、採用をしないとなったら話は別で、私はテストと銘打って好きなようにすることにしている。どうせ「不採用」なのだから。それに年齢を偽っているのは向こうの方だから、後になってそれを訴えてくる、ということもない。だが、それが「合意のもとだった」ということを明らかにするため、「いいですか?」と聞いてみた。すずは私が尋ねるとしばらくしてちいさくうなづいた。

-おんなのこのみぞ, おんなのこのみぞ(3A), 連載小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(17)

 社長がわたしのおんなのこのみぞに沿って上下におちんちんの先をすべらせているのがわかる。おちんちんの先でわたしのおんなのこのみぞを上下になぞっている、という感じ。変な感じ。  社長のおちんちんがわたし …

おんなのこのみぞ(3B)

おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)(5)

 社長はわたしのパンツのおんなのこのみぞがあるあたりで5本の指の爪を立てて、軽く円を描いている。そのパンツのすぐ下にはわたしのおんなのこのみぞがある。はずかしい。そしてくすぐったい。わたしはずっと目を …

おんなのこのみぞ(3B)

無料キャンペーン予告!「おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)」  9月24日(木) 17:00より3日間!

「おんなのこのみぞ(3B) 〜すずの面接 B面(すず視点バージョン)」 9月24日(木) 17:00より3日間 無料キャンペーン! 「おんなのこのみぞ」にとことんこだわったシリーズ。第三弾。「おんなの …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(8)

 続けて私は尋ねた。「フェラチオはしたことがありますか?」 しばらく間があいた後、すずはまた声を出さずに軽くうなづいた。すずはウソをついているかもしれない、とその時私は感じた。見た目から想像するすずの …

おんなのこのみぞ(3A)

おんなのこのみぞ(3A) 〜すずの面接(1)

ピンポーン  ドアフォンが鳴った。約束の午前11時の5分前。私がオフィスとして使っているマンションの一室。  この部屋からすぐ近くにある私の店は、朝の9時から営業だが、店長として雇っている男にすべてを …

jinkolion

人工ライオン(ジンコウライオン)

エロ小説家。 読者の脳内にリアルな情景が浮かぶような表現を心がけています。 VRやビデオ映像よりも臨場感のある空間を広げることを目指しています。 名前に「B面」とついている作品は、同名作品の「女の子視点バージョン」です。 女性の読者にも楽しんでもらえると嬉しいですが、特に「女性向け」というわけではなく、男性読者でも、女の子になりきってエッチなことをする/される、という疑似体験ができるものです。